包茎手術をして本当に良かったみたい

このあいだ、高校時代の同窓会があり、断りきれずに行ってきました。

で、そのときに同時いちばん仲が良かった友達と再会したんですが、そいつが、

包茎手術を受けたのですが、本当に受けてよかったと告白してきて。

実際に包茎手術を受けるまでは、大事な部分を手術するものですから不安があってなかなか踏み切ることが出来なかったけど勇気を出して包茎手術を受けたかいがあったそうです。

高校生ぐらいのころから、完全に皮をかぶった自分自身のものに対してコンプレックスを持っていて、修学旅行などでお風呂に入るというのも嫌で仕方なかったみたいです。知らなかったけど(^_^;)
で、高校を卒業してからも公衆浴場などは苦手で、銭湯や温泉自体は嫌いではなかったけど、包茎のことが気になって、行く気になれませんでしたって言ってました。
そして、何より女性に対しての自信が湧いてこずに気になる相手がいても積極的になれず、包茎をどうにかしたいとその思いは日に日に強くなるばかりだったみたいというのが、きっかけみたいです。

そして、手術は怖いと思ったもののこのまま悩み続けても一生悩みは解消されないわけですから、それなら手術を受けるしかないと思い包茎手術を行っている専門のクリニックに相談に行くことにしたそうです。
悩みを相談すると、手術に対してのリスクなどの説明があったのですがその時には不安よりも包茎が治る希望の方が大きく、手術をしてもらうことにしたんだそうです。
ここから選んだみたいです。>>包茎手術 名古屋で評判の高いクリニック

手術をしてからしばらくは痛みがあったものの、亀頭が露出した自分のものを見ると今までのコンプレックスが解消されたようで今はハッピーだって言ってました。
その後は痛みもなくなり、手術も完璧な結果だったため包茎の悩みが完全に解消されて満足しているみたいでした。

同期会が面倒に思うこの頃(^_^;)

会社に入ったときは、やはり仲間がいてくれるのって、いいと思います。いわゆる同期ってやつです。同じスタートラインに立ち、研修とかでも同じ悩みなんかを話し合えたりしていたので、それはそれで良かったのです。

けど、正式に配属されてしまうとなかなか同期で集まる機会も少なくなりますし、たとえそうなっても、共通の話題ってなくなってきますよね。部署が違うから、お互いに表面的なことしかわからないですからね。だから、同期会でのんだときの話題って、他愛のない話です。

ついこの間も、同期で忘年会をしたんですけど、だれが誰に振られたとか、どこそこに遊びにいっておもしろかったとか。。。同期同士でいじったりいじられたりしていたり。。。

なんだかしょうもないなって思えるたんですよね。最近は。。。わざわざ貴重な時間を使ってまでして集まって飲み必要あるのかなって(・o・)

だから、同期会が苦痛になっています。まぁ、入社4年もたつとそうなるでしょう。。。多くは。

まして、やめていくやつもいる中で、辞めても同期って思っている人もいるんですよね。

別に辞めたら、あまり関係ないかなって思うし。。。。だって、大学時代は別々の生活とか環境だったわけで、それがたまたま同じ会社に同じタイミングで入社したってだけ。

クールすぎるのかな、こういう考え方。

なかなか同期の人には言えないけどね。

包茎のコンプレックス解消で温泉巡りが10倍楽しめるようになりました。

元々ペニスのサイズが小さくで恥ずかしさを感じていた私だったのですが、それと相反する様な温泉入浴を趣味としている事もあり、それを隠すのも一苦労、という経験を何度も経験してきました。そもそも小さいのは仮性包茎だからなんですけどね。(^_^;)
多くの入浴客が入る人気の温泉施設の場合、特に自分が仮性包茎だというコンプレックスが強く出てしまい、入浴時はどんな時でも常にタオルを腰に巻いたままです。

お湯に浸かっている時意外は中々自由に動けず、身体を洗う時は下半身全てを露わにしなければなりませんから、恥ずかしさもピークに達してしまいます。

仮性包茎なので、意識してデリケートに洗わないと時折亀頭の部分に痛みを感じてしまい、せっかくの楽しい温泉入浴も台無しになってしまうのですが。
けど、そんな思いで好きな温泉巡りを十分に楽しめるはずもなく、とうとう去年、仮性包茎を手術したんです。<仮性包茎 手術 おすすめ>

おかげで、今は堂々と湯船にはいることもできたし、自分でも自信が着いた気がしています。以前のように、人の目を気にして、リラックスできずにいた温泉とは180度違います。

もうタオルで厳重に隠す必要もありません。やっぱり、仮性包茎の手術をしてよかったと思っています。