19歳で包茎手術を

自分の包茎を克服するには、やはり包茎手術をするのが、確実だということはわかってましたし、その手術についても、できるだけ手術痕が目立たないようにしたいと思ったので、もし、包茎手術をするなら、泌尿器科とかじゃなくて、包茎手術専門のクリニックで手術してもらった方がいいのかなという思いはありました。

ただ、その場合の包茎手術は、健康保険の適用はないので、それなりの費用がかかります。もちろん、真性包茎手術、カントン包茎手術なら、保険適用になることもあるけど、ぼくの場合は、そうではないで。

はじめは、大学を卒業し、社会人になってから包茎手術を受けようかなと考えていました。けど、大学に入り、友達の中にはかわいい彼女とエッチしたなんて話も聞いたりするようになりました。で、そうなると自分が包茎だってことがすっごく恥ずかしくなり、もし、彼女ができてもなかなか積極的になれない気がしていました。ばかにされたら嫌だなって思ったりもしたので。

なので、大学卒業まで待てなくなって、早く包茎手術を済ませ、包茎からさよならしたい気持ちが大きくなってしまったんです。

そのときは、19歳でした。未成年です。未成年でも包茎手術ってできるのかなって思い、いろいろと調べてみたんです。そうしたら、別に未成年でも18歳以上なら包茎手術そのものはできることがわかりました。

ただし条件があり、保護者の同意書が必要でした。

一瞬、どうしようかなって思ったけど、やっぱり包茎のコンプレックスから解放されたく、親に真剣に話したら、意外とあっさりと同意してくれたんですよね。

おかげで、その後、20歳になる前に無事包茎手術を終え、ついに包茎からサヨナラすることができたんです。

 

その時思いました。
ウジウジ悩んでいるよりも、さっさと行動した方がいいってことを。

早い方がいいんです。なにごとも。このときの教訓は結構その後の僕の人生に役立っているんですよ。

包茎手術について調べました

もしかしたら、包茎では?いや、たぶん包茎だって思うとともに、やはり、男として包茎をどうにかいしたいという思いが、日に日に増してきたんです。

それで、包茎を克服するのにいちばん手っ取り早い方法は、包茎手術することでした。手術してしまえば、それ以降包茎のことで気にすることもなくなりますから。

そこで、包茎手術の方法などについて自分なりに調べてみたんです。ちょっと紹介しますね。

まず、亀頭増大法という方法ですが、これは文字通りペニスの亀頭部分を大きくしてしまうものです。どうやって大きくするのかって言うと、ヒアルロン酸とかフィラー剤っていうのを亀頭部分に注入していくそうです。

そうやっていくと亀頭がひと回りくらい大きくなるので、たとえば真性包茎の場合などは亀頭が大きくなることで、亀頭のカリ部分に包皮が引っ掛かるために、包茎を克服できるというものです。場合によっては仮性包茎の克服もできるようです。

ただ、体内に何かを入れるっていうのは個人的には抵抗感がありました。

次に、亀頭直下埋没法という包茎手術の方法ですが、これは、余った包皮を切り、その縫合する場所を亀頭のカリの部分の直下にする包茎手術です。

この手術のメリットは手術跡が目立たないことです。ただ、手術をするクリニックによって亀頭直下の場所が、微妙に違うみたいですが。。。

なので、そのクリニックでは、亀頭から縫合部までどれくらいの距離があるのかとか亀頭直下法手術例などを参考に見せてもらうなどをカウンセリングで確認すしておくといいんだそうです。

で、デメリットとしては手術代高いってことでした。

包茎手術の中では、それなりに技術を要するみたいで、ベテランの医師が執刀することが多いんだそうです。

そのために、高額なんだそうです。

さらに、クランプ式という手術方法もあります。これはクランプっていう器具を使った包茎手術です。

ある程度、マニュアル通りに行うことで簡単に施術できるようです。そのため、短時間で包茎手術を完了できます。

デメリットはやはり見た目の仕上がりが今ひとつってことです。

パット見で包茎手術をしたことがわかるとか。。。

いわゆるツートンカラーに見えるとか(^_^;)

そんな感じで包茎手術といってもいろいろとあるわけで、そのへんで迷う部分だと思います。

費用が高くても見た目重視か、それとも見た目は悪いけど、安さにこだわるかってことです。

正直、考えさせられました。

自分が包茎だと確信しました(T_T)

はじめまして、真司と言います。

個人的なブログなので、恥ずかしいことも思いきって書いてしまう気になりました。
実は、今まで誰にも相談できずにいたんですが、僕は包茎で悩んでいます。
そもそも自分で包茎かもしれないと思ったのは、中学の終わりころです。トイレでおしっこをしていると友達が覗き込んだりするじゃないですか?
で、僕はいつも必死で隠すタイプなんですが、あるとき友達のを見たことがあったんです。そうしたら、亀頭が完全に出ていて、自分のお父さんのようなおちんちんだったんです。

そのときにもしかしたらって不安を感じるようになりました。
それからネットで包茎について調べてみると、包茎には仮性包茎、真性包茎、カントン包茎というのがあることがわかりました。

 

仮性包茎というのは、ペニスの皮を自分でむけば亀頭を露出させることができるけど、普段はもちろん勃起しても皮が被っている状態のことでした。

場合によっては、ちんちんが立っても皮が余ってしまう人もいるみたいです。
仮性包茎は、結構生まれつきの体質とかオナニーのやり方が原因でなる場合も多いそうです。
皮を引っ張ったりしてするオナニーするような場合だそうです。ただ、医学的には仮性包茎は包茎の範疇には入らないそうです。

ただ、仮性包茎と一言でも言っても、さまざまでかなり重症の仮性包茎から軽い仮性包茎まであるそうです。

仮性包茎で気をつけなくちゃいけないのは、自分で皮をむいて、亀頭部分の汚れ(恥垢)などを取り除くように清潔にしておくことだそうです。
だから、特に気にする必要はないそうです。
でも、包茎手術をする人の中には、仮性包茎の人もいるそうです。

というのは、やはり、見た目のコンプレックスからだそうです。

温泉や銭湯とかで他人に見られたくないとかセックスのときに女性の前で包茎だってばれたくないとか、あとは陰毛が皮に挟まって痛いと言ったことで手術に踏み切るようです。
次に、真性包茎ですが、真性は仮性に対して完全に亀頭部分に皮が被っていて、勃起しても亀頭が完全に露出しないし、自分でむこうとしてもなかなかできない状態のことです。
真性包茎の場合は、包茎手術をする必要があるようです。理由は不衛生だからだそうで、恥垢による雑菌とかだそうです。

長く放置しておくとそれが原因で性病になったり、陰茎ガンとかの発症リスクも高まるようです。

一般的に中学卒業時くらいに真性包茎の場合は、自力ですこしずつでも皮をむく努力をした方がいいそうです。
で、これでも改善されない場合、自然に治ることはないそうです。(T_T)

あとカントン包茎というのは、いちばん危険な包茎だそうです。皮自体は剥けるけど、亀頭を覆っている先が皮口がかなり狭くなっていて、剥くと痛みがおこるし、狭いために皮をむいても亀頭が締め付けられてしまったりして、皮が戻にもどらなくなったりする状態を言うそうです。
カントン包茎だとセックスはもちろん、オナニーや朝立ちでも、ペニスが皮で締め付けられて痛みがあるとか・・・

かなり怖い症状になるようです。腫れたりして。。。なので、真性包茎よりもすぐに包茎手術が必要だそうです。

ということでした。で、ここまで調べて少なくとも僕はカントン包茎ではないとわかりましたけど、真性か仮性なのかっていうのは、どうにも判別できません。

自分では仮性包茎だと思いたかったけど、それでもやはり中学卒業くらいの時点でこのままでは包茎であることは間違いなさそうでした。

それから、僕の包茎にまつわるエピソードをいろいろと書いていこうと思います。
ぜひ、読んでほしいわけじゃないけど、宜しくお願いします。

包茎で落ち込んでいた僕の包茎卒業体験